知っておきたい!結婚式の両親の挨拶での心得

結婚式で両親の挨拶を成功させるには?

結婚式で両親の挨拶を成功させる秘訣は、「何のためにするのか」という目的をしっかりと踏まえておくことですよ。結婚式場で嫌われる、くどどしたり、おざなりな印象の挨拶の多くは、「何のため」に話しているのか目的が不明の場合が多くなっていますよね。まず、目的の第一は、出席者への感謝を表すことですよね。お祝いを携え、時間をさいて新郎新婦を祝福に来ている出席者なくしては、結婚式はなりたちませんよね。この人たちに、父親として、母親として、心からの感謝を贈るという気持ちが大切なんですよ。

新郎新婦への祝福を!

結婚式での両親からの挨拶は、新郎新婦への祝福という目的もありますよね。おめでたく、晴れがましい日を迎えた息子や娘を祝ってやりたいというのは、親として当然の心情でしょう。この正直な気持ちを、まったく押し殺してしまっては、結婚式での挨拶も、不完全な味気ないものになってしまいますよ。出席者に失礼にならない程度に、新郎新婦を褒めたり、激励したり、心情を語ったりすることは、内容を深める最良のエッセンスなんですよ。

感動的な挨拶とすることも!

両親の挨拶は何のためにするのかという目的をしっかりと踏まえておくようにすれば、基本的には、結婚式の挨拶の形式にとらわれることはないんですよね。堅苦しい言い回しや美辞麗句は、挨拶の絶対要素ではないんですね。「ありがとうございます」のひと言と、深々としたおじぎだけでも、十分に礼を礼を尽くして感動的な挨拶とすることもできるんですよ。とは言え、万人に対して、いかなるときも、これで通用するわけではありませんから、挨拶で自分が話すそのままを、まず草稿として書いてみるとよいでしょう。

結婚式の場所をホテルにするならホテルウェディングを品川にしましょう。年間挙式実績も多いので熟練のスタッフが対応してくれます。

後悔したくない!失敗しない結婚指輪の選び方

シンプルなデザインに!

多くの人が結婚指輪の購入は人生で一度きり。そんな買い物であとで後悔したくないですよね。せっかくだから個性的な指輪がいいと思う人もいるかもしれません。しかし結婚指輪は年を重ねてもずっと身につけておくものです。結婚した時には似合っても、年を取ってからのことも考えてデザインを決めた方がいいですよね。一番おすすめなのはシンプルなデザインです。シンプルが実は一番飽きがこないので、年をとってもいつまでもつけておくことができますよ!

婚約指輪と重ね付けする?

結婚指輪は日常的に身につけておいて、婚約指輪はしまっておくという人も多いかと思いますが、指輪は身につけておくものですよね!せっかくもらったのだから、しまっておくのはもったいない!最近では婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする人が増えています。そのためには、結婚指輪を購入する時に、婚約指輪と合うかどうかに気を付けて購入しなければなりません。同じ指に付けるのであれば、指輪のラインが同じでないと合いませんよね。重ね付けを考えているのであれば、必ず婚約指輪を持参しましょう!

夫婦2人が納得するものを!

結婚指輪に対する憧れや理想は女性の方が強いように感じますが、一生身につけるものなので男性にもそれなりの理想があります。しかし男性側は買い物にかかる時間が長くなって嫌になったり、けんかになるのを嫌がり、なんでもいいよと言ってしまい、女性まかせにしてしまうことが多いのです。2人の好みが100パーセントぴったりあうものはないかもしれませんが、お互いがあとで後悔しないように、じっくり話し合って決めることが大切なのです。

婚約指輪はサプライズで渡すことも多いですが、その際には日頃何気なく彼女の指輪のサイズや好きなジュエリーブランドを聞き出しておく必要があります。