両親にとって嬉しい結婚式を行なう!?お客様本位で考える「結婚式」

自己満足の結婚式は危険

現代では結婚式と言えば新郎新婦をお祝いする場所として考えられがちですが、本来結婚式が持つ意味は少々異なります。結婚式はこれまでお世話になった人達に新しく生まれた夫婦をお披露目し、これまでの感謝を伝える場所なのです。そうした意義に立ち返る場合、結婚式は新郎新婦だけが楽しむ場所ではありません。招いたお客様に満足して頂くために、十分に配慮する必要があるのです。特に結婚式には新郎新婦を育てた両親が出席しますので、実の親に恥を欠かせないためにもそうした意識がかかせません。

辿り着ける結婚式場を選ぶ

来賓の皆様に喜んで頂く結婚式を行なう場合、勝負は結婚式場選びから始まっています。結婚式場と言えば郊外にも存在しており、そうした場所はロケーションが最適ですが、一方で来賓者にとって見つけ辛い特徴があります。特に遠方から大勢のお客様を招いた場合、あまり郊外にある結婚式場に招くのは手間をかけさせる事になってしまいますので注意しましょう。そのような場所を式場として選ぶ場合、駅から送迎バスを出すと良いでしょう。

節約のポイントに気を使う

結婚式はただ出さえお金がかかるものですから、新婚生活の事を考えてもできるだけ節約したいものです。一方、節約すべきポイントに注意しなければ、招いたお客様を不快な気持ちにさせてしまう事もありますので注意しましょう。特にお客様が楽しみにしているお料理にかかる費用を削ってしまった場合、悪い印象を残してしまいます。お料理費用を削る場合、食材の数を減らすのではなく、コースの品目を減らすようにしましょう。一枚のお皿に載せられる料理の量が少なくなった場合、とても貧相です。

結婚式ティアラは、ブランド物や宝石が付いているものはレンタルでも高額になってしまいます。手作りだと比較的安価で手に入るし、思い出にもなります。