左手薬指に永遠の愛の象徴、結婚指輪の選び方

ペアでつける場合は男性の意見も尊重しよう

よほどのことが無い限り、一生外すことのない愛の証「結婚指輪」は憧れますよね。どうしても女性の意見を尊重してしまいがちですが、ペアで作る場合は男性の意見も尊重しましょう。凝ったデザインの結婚指輪を作ったものの、仕事上つけることが出来ずにタンスの中で眠っている・・・なんてことになったら寂しいですよね。お互い連れ添っていくうちに年齢を重ねていくので、結婚を決めたときの年齢に合うデザインで決めてしまうと後悔してしまうこともあります。

石を付ける場合は、大きなものを付けないように

ペアリングでも、女性だけダイヤモンドが付いているものもあります。ついつい大きなものを付けてしまいたくなりますが、その指輪で日々の家事をこなすことを考えましょう。普段の生活で身に付けられなければ、買った意味もなくなってしまいます。家事をするときに外せばいいという考え方もありますが、それをこの先何十年も続けて「指輪をなくさない」という保証はありませんよね。幸せは石の大きさでも数でもなく、夫婦の歴史を大切にできるデザインのものを選びましょう。

指輪に刻まれる夫婦の歴史、材質も様々

日本で主流になっている結婚指輪の材質はプラチナです。「白金」と呼ばれる由縁は、他の金属を混ぜなくても白く輝くからです。ただ、純粋なプラチナだと柔らかすぎるため、ごく僅かですが他の金属と混ぜて使われます。ダイヤモンドとの相性がとてもよく、変色しにくい性質から「不変の愛の象徴」として親しまれています。海外で主流になっているのは金の指輪です。金は硬貨やお守りとしても使われ、古くから馴染みのある金属です。そして意外にも全ての金属の中で、一番光を反射するのがシルバーです。比較的安く手に入り、柔らかいので凝ったデザインも可能です。しっかりと磨けばプラチナにも負けない輝きになります。金属アレルギーが最も起きにくいチタンなら、皮膚の弱い方でも安心して身に付けられます。デザイン同様、素材も2人の個性を引き出し歴史を刻む土台となってくれるでしょう。

結婚指輪とは、結婚式で男女が交換する指輪のことをいいます。男女ペアで同じデザインのものを購入する場合が多く、尚且つシンプルなデザインのものが多いです。