両親にとって嬉しい結婚式を行なう!?お客様本位で考える「結婚式」

自己満足の結婚式は危険

現代では結婚式と言えば新郎新婦をお祝いする場所として考えられがちですが、本来結婚式が持つ意味は少々異なります。結婚式はこれまでお世話になった人達に新しく生まれた夫婦をお披露目し、これまでの感謝を伝える場所なのです。そうした意義に立ち返る場合、結婚式は新郎新婦だけが楽しむ場所ではありません。招いたお客様に満足して頂くために、十分に配慮する必要があるのです。特に結婚式には新郎新婦を育てた両親が出席しますので、実の親に恥を欠かせないためにもそうした意識がかかせません。

辿り着ける結婚式場を選ぶ

来賓の皆様に喜んで頂く結婚式を行なう場合、勝負は結婚式場選びから始まっています。結婚式場と言えば郊外にも存在しており、そうした場所はロケーションが最適ですが、一方で来賓者にとって見つけ辛い特徴があります。特に遠方から大勢のお客様を招いた場合、あまり郊外にある結婚式場に招くのは手間をかけさせる事になってしまいますので注意しましょう。そのような場所を式場として選ぶ場合、駅から送迎バスを出すと良いでしょう。

節約のポイントに気を使う

結婚式はただ出さえお金がかかるものですから、新婚生活の事を考えてもできるだけ節約したいものです。一方、節約すべきポイントに注意しなければ、招いたお客様を不快な気持ちにさせてしまう事もありますので注意しましょう。特にお客様が楽しみにしているお料理にかかる費用を削ってしまった場合、悪い印象を残してしまいます。お料理費用を削る場合、食材の数を減らすのではなく、コースの品目を減らすようにしましょう。一枚のお皿に載せられる料理の量が少なくなった場合、とても貧相です。

結婚式ティアラは、ブランド物や宝石が付いているものはレンタルでも高額になってしまいます。手作りだと比較的安価で手に入るし、思い出にもなります。

結婚式場のそれぞれのタイプのメリットを知ろう

ウエディング会場選びを迷ってしまう

理想の相手とウエディングをする準備の時に最初の難関が会場探しです。どの地域でウエディングをしたいかはすぐに決められても、いろいろなタイプの会場の中からどうやって自分に合うウエディング会場を絞り込めばいいのか迷ってしまうものですよね。ウエディング会場にはいくつかのタイプがあるので、それぞれの特徴を知ることでカップルの結婚式を具体的にイメージすることが可能で、会場選びがスムーズにできるようになるんですよ。

メリットが多いホテルの会場

ウエディングを行う場所として有名なのが、ホテルですよね。ウエディング以外にも旅行客を宿泊させたり、宴会に使われる複合施設のため、エレベーターもきちんとついていますし、駐車場も整備されているので車で会場に来る人にとっては便利です。また、バリアフリーに対応しているホテルがあるので、施設設備が充実しているホテルを選ぶと招いた多くの人にとって安心ですよ。ホテルにはテナントとしていろいろなお店があるので便利というメリットもあるんですよ。

安心感のあるホテルでのウエディング

多くのメリットがあるホテルですが、ウエディングとは関係の無い一般の方が利用されたり、1日のウエディング数が多いことが気になる人もいます。自分がウエディングをしたいホテルの状況がどんな状況なのか調べてからホテルを選ぶといいですよ。ホテルの大きな魅力のひとつは、多くの人に名前が知られている事と高級感ですよ。やはり知名度が高いところでウエディングをすると、年配の招待客は非常に喜ぶ傾向があるんですよ。歴史の長いホテルには非常に安心感があるので、親がホテルを選びたがることはよくあるんですよ。

お台場の結婚式場はリゾートウエディングを中心に人気を集めています。ブライダルフェアのイベントもたくさん開催されています。