結婚指輪の選び方!よくある失敗あるある3選

デザインにこだわりすぎちゃった

結婚指輪は夫婦が毎日付けるいわば夫婦の証のような物。やっぱりデザインなどもこだわったものを選びたいですよね。ですが、結婚指輪は普段の生活で毎日付けるものだということを前提で選ぶことがポイントです。仕事に邪魔にならない、家事や育児で邪魔にならないという事を考えられて基本的にはデザインされているので、シンプルなものが結婚指輪には多いです。ですが、あまりにデザインにこだわりすぎて普段の生活で付けると邪魔になって結局結婚指輪はつけなくなったなんて話も良く聞くので、慎重にデザインは選ぶようにすると良いですよ。

結婚指輪を自分は2人で決めるのがポイント

結婚指輪は夫婦でつけるペアリングです。その為、女性は特にこだわりをもって選ぶ人が多いようですね。ですが、結婚指輪はあくまでも夫婦2人がつける物ですので、しっかり夫婦で話あって選ぶことが大切です。ジュエリーに詳しく妥協したくないという女性が多く、夫に相談無しに結婚指輪を自分好みに選び過ぎて夫は蚊帳の外。結局購入しても夫の好みでなければ、普段から指輪をつける習慣の少ない男性にとっては付けることをしなくなってなってしまう事も。勝手に決めるのではなく、一緒に夫婦2人で話し合って納得した物を買うのが一番でしょう。

飛び込みでジュエリーショップに来店した結果・・・

結婚指輪を選ぶ際は、普段のアクセサリーを買う時よりもテンションが上がりますよ。ですが、やはり結婚指輪を選ぶ時にはしっかり予定を立てることも大切です。結婚指輪をすぐに探したい、購入したいという気持ちから、突然予約もなしにジュエリーショップへ飛び込みで来店したところで、他の予約客でいっぱいで試着もできず帰ってきたという話も良く聞きます。結婚指輪を買う場合、しっかりお店に予約をしたうえで計画的に予定を立てればスムーズに購入することができるでしょう。

マリッジリングとは、日本語で結婚指輪を意味します。エンゲージリングと呼ばれる婚約指輪と混同されることも多くなっています。

単身赴任の法律上の取扱を知っておこう!交通費や医療費や住宅ローンについて

単身赴任をしてたまに自宅に帰る場合の法律上の取扱い

単身赴任をしている人にとって、週末に自宅に帰るのは大きな楽しみでしょう。多くの会社は、回数に制限はあるものの帰郷のために必要な資金を手当として支給しているようです。ただ、この単身赴任先から自宅に戻る途中の事故については法律上どんな扱いになるのでしょう?この場合の事故については、一定の要件を満たすと通勤災害という扱いになり、労働者災害補償法からの給付を受けることができるでしょう。単身赴任者の自宅への移動は通勤の一部という扱いになるのです。

単身赴任していても家族の医療費控除は可能か?

所得税の節税方法の一つとして有名なものに医療費控除があります。1年間の医療費の自己負担額から民間保険から受け取った給付金を引いた金額が10万円を超える場合は、会社員であっても確定申告をすることで税金が戻ってくるというものです。この医療費に自宅に残っている家族の分を足していいのでしょうか?結論は、問題ありません。住んでいる場所が違っても、実質的にお財布が一緒で暮らしているのであれば家族全員分を医療費控除に含めることができるでしょう。

住宅ローン控除の居住要件はどういう扱いに?

住宅ローンを組んで家を建てると転勤になるというケースも多いですが、子供の学校等の関係で手に入れた新居に家族を残し自分一人で単身赴任をする道を選ぶこともよくありそうです。住宅ローンを組んでいる人は、所得税の税額控除の制度である住宅ローン控除が10年間活用できますが、この制度を使うには、その家に居住していることが求められます。単身赴任だとローンを組んだ張本人は住んでないことになりますが、家族が住んでいるのであれば問題なく適用できるでしょう。

単身赴任の家具は、買い揃えると高くなってしまい単身赴任終了後の処分ももったいないですが、期間中のみレンタルすることができる企業もあり便利です。